AED講習

先日の日曜日にAEDの講習を受けて来ました。

解体工事とは関係がありませんが、勉強になりました。

いざ、という時に必ず役に立つとおもいます。

基本、心臓が止まっている人に電気ショックを与えて蘇生させるもので、AEDをセットして、もし心臓が動いていたら電気ショックは作動しないそうです。
仮に作動したとしたら、動いていた心臓は止まって死んでしまうそうです。ですから、かなりの電流が流れるようで、体が濡れていたりすると駄目とか、金属の物を身につけていないかとか、ペースメーカーを付けている人は接触部分をズラすなどなど、以外と注意事項が多かったです。

スポンサーリンク

緊急事態の時に冷静に対応が出来るか不安ではありますが、目の前にもし心臓の止まった人がいたら勇気を出して助けたい!
と、正義感をくすぐられるような講習内容でした。

実際、人生で自分の手で誰かに使うことになる可能性は極めて低いとは思いますが、この知識を知っていて損は決してないと思います。
是非、AEDの講習をオススメします!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ