書家の先生に頼んで 私の座右の銘「継続は力なり」を書いて頂きました

前々から書家の先生に何か書いて頂いて、額に入れて飾りたいと思っていたのですが
最近、私の座右の銘を書いて頂こうと思いつき、頼んでみたところ快くお引き受けしていただき書いてもらう事ができました。

私の座右の銘は今現在2つあり 

1つは 「継続は力なり」

意味は
・ 一つ一つの成果は微々たるものであっても、地道な努力を続けていけば、やがて大きな事業を達成できる。目標を達成できる。

・ 今は実力不足であっても、挫けずに修練を詰んでいけば、いずれ大成できる。

・ 物事を成し遂げるまで諦めずに努力し続けることは、それ自体、優れた能力の一つである。

などです。

スポンサーリンク

私が小学5年生のときの習字で好きな字を書く授業で書いたのを覚えています。

もう1つは 「最悪を想定して、最善を尽くす」

意味はこのままですよね
これは私のような臆病な人間には当たり前の事なのですが
この考え方は昔から癖になっていて全ての事に当てはめて考えてしまいます・・・

ここで言っておきたいのが
最悪を想定することはかなり否定的に聞こえますが
一方で最善を尽くす、つまりは肯定的なことも考えている訳で
否定的な感情より肯定的な感情のほうが強いということから解るように
考え過ぎでチャンスを逃したり、石橋を叩きすぎて橋が壊れてしまう、などとは違うと思ってます。

このような自分の戒めの言葉をいつも見ていたい・・・そう思い
今回 すばらしい書歴をお持ちの「長坂石泉」先生に特別に書いていただきました!
継続の「続」の字は古い漢字で「續」になっているのも素敵でした。

「継續は力なり」
気にいってます!石泉先生ありがとうございました!!

2014-04-11 18.27.22

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ