日本の洋画家。アンフォルメルの画家として、日本とパリを拠点に活動していた

今井 俊満(いまい としみつ、1928年5月6日 – 2002年3月3日)の作品を譲ってもらいました。

 

今井 俊満は、日本の洋画家。アンフォルメルの画家として、日本とパリを拠点に活動しておられました。

京都・嵐山に生まれた今井俊満は旧制武蔵高等学校在学中から絵を描き始め、1948年、新制作派協会展に入賞。
東京藝術大学油絵専攻で1年間派遣学生として学んだあと、ソルボンヌ大学文学部に学びアンフォルメル運動を日本に紹介するとともに、アンフォルメルと日本画の融合にも取り組んだ方でもあります。

スポンサーリンク

1992年、急性骨髄性白血病を発症するものの、精力的な創作活動を続け、2000年、末期がんで余命数ヶ月と告知されたにもかかわらず、同年12月、東京・銀座の画廊で「サヨナラ展」を開催されました。

 

主な受賞歴は・・・

 

1962年、現代日本美術展優秀賞受賞、1979年、紺綬褒章受賞、1995年、フランス レジオン・ド・ヌール勲章受章、1997年、フランス芸術文化勲章(コマンドール)受章。

 

正式には 「いまい としみつ」 ですが、「しゅんまん」 の愛称で呼ばれていたそうです。

 

そんな今井俊満の作品を今回・・・

富山市町村にある画廊「ギャラリーNOW
社長さんのご自宅にあったお気に入りの作品を無理を言って譲っていただきました・・・

 

かなりリバレッジがききそうな作品ではありますが(笑)・・・
大事に飾ってずっと大切にしていきたいと思います。。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ