インドの大気汚染悪化 中国より深刻化…警鐘鳴らす

インドで大気汚染が悪化しているそうです。
米エール大学環境法・政策センターは、首都ニューデリーの大気汚染は中国の北京よりもさらに深刻だと警鐘を鳴らしているそうで、ニューデリーでは今年最初の3週間の大気中微小粒子状物質の平均濃度は前年の同期と比べて44%上昇し、1日の平均濃度は中国・北京の2倍以上だというから驚きです。

 

大気汚染の原因は主に自動車の排ガスや工場の排煙とされ、インド政府は電気自動車の普及など対策を講じているそうですが・・・
米ノースカロライナ州立大学の調査では、インドの乗用車の42%が電気自動車になっても大気汚染は改善されないと指摘されています。

スポンサーリンク

電気自動車の普及による電力需要の増加で発電に使用される化石燃料が増えるだけだとし、大気汚染に対処するには再生可能エネルギーの推進など、抜本的なエネルギー改革が必要なのだとか・・・

 

人口の増加と共にものすごい勢いで経済成長を続けているインド。日本からすると人口の増加は一見羨ましくも見えるが人口増加に見合う、需要と供給のバランスを保つ為に何かを犠牲にする事は、やはり避けられない事なのでしょうか?!

日本や自分に置き換えて考えてみると何かヒントになるような気もしますね・・・

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ