韓国のソウルと北朝鮮まで行ってきました〜

こんにちは!
今回は海外研修でソウルついでに、北朝鮮まで行ってきました〜!

韓国は今、これまでにないほどの緊迫した状況だという情報が飛び交っているなかで
はたして本当なのか?と気になっていたので、実際に自分の目で確かめてきました。

北朝鮮に行ったといっても、観光名所の板門店(はんもんてん)に行ってきただけです笑

板門店は、朝鮮半島中間部に位置する朝鮮戦争停戦のための軍事境界線上にある地区のことです。
北側の朝鮮人民軍と南側の国連軍の停戦協定が1953年に調印され、同年10月以降は停戦を監視する「中立国監視委員会」と「軍事停戦委員会」が設置され、停戦協定遵守の監視を行っており、60年以上に渡る朝鮮の南北分断を象徴する場所となっているのです。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-28-10-41-31




スポンサーリンク






ここでは本当に韓国の軍人と北朝鮮の軍人が毎日、睨み合っているのです
実際に自分の目でも北朝鮮の軍人を見ましたし
観光といえど、その場所に立ち入る為のセキュリティーの高さと緊張感が伝わってきました。

一人一人パスポートを見せて本人確認をした上で、もしもの場合に備えて死んでも文句を言われないように
誓約書にサインをしなければ行けません。
そして、急な事態に巻き込まれた時に走って逃げなければ行けない事も想定し
走りにくい履物の人は連れて行ってくれません!笑

韓国と北朝鮮はあくまでも休戦中でいつ戦争を再開してもおかしくないと言っているのがよくわかりました。
もし、戦争が再開されたら韓国側にはアメリカが、朝鮮側には中国が付き大変な戦争になりそうです。
実際、境界の塀や鉄格子には、韓国側からはハングル文字と英語が、朝鮮側には朝鮮語と中国語で文字が書かれているのです。

こんな近くで戦争になれば日本は間違いなくとばっちりを受けることになるでしょうね〜
憲法9条の改正は賛成ですし、集団的自衛権は当たり前だと思います。

日本は本当に平和だと思いますが、危機感が全くないのもどうかと思いました。
本当に戦争が起こるかなんてわかりませんが
よくある映画のように、戦争でもう一度世界が焼け野原のなり、人口が減ってから
地球をやり直していくシナリオをどこかの誰かが考えているとするなら
いつ起こってもいい状況ですね。

自分ではどうにも出来ない未来のことで悩む必要はありませんが
戦争が起こるかもしれないと思っているだけで、少しは今後の生き方や考え方の参考にはなったと思います。

みなさんも韓国へ行った際は一度だけでも「板門店」に行かれることをおすすめします〜!






スポンサーリンク






コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ