お正月はもう終わり!! 「連休後ブルーから楽に立ち直る方法」4選

いいネットコラムありました! ・・・のでご紹介致します。

友達と朝まで飲んで、カラオケで歌い、気になっていた長編漫画を読破し、お笑い見ながらミカンを食べ…… 楽しかったね、お正月休み。

 

でも、もう宴は終わり。
現実の世界へ戻る時間がやってくるのです。
楽しい時を過ごせば過ごすほど、日常へ戻るのはツライもの。連休後に陥りがちなこの寂しい気持ち、場合によっては、不眠、イライラ、摂食障害、集中力の欠如、疲労感、不安感といった身体的症状となって現れる場合もあるので、あなどってはいけませんよね。

スポンサーリンク

まずは、このブルーな気持ちが当然の感情であることを理解しましょう。
ただただ好きなことをして過ごした日々のあとに、これから続く日常生活のことを想像すれば、気分が落ち込むのは当然です。でも、そんなブルーな気持ちがちょっと強いなぁと感じたときには、次の方法を試してみてください。

1) 予定を立てる:なまった体を鍛え直すトレーニングの計画を立てる、週末の小旅行の予定を立てる、休暇中に会えなかった友達とランチの予定を立てる、などなど。何か楽しみな予定を立てると、ブルーな気持ちを忘れて、楽しい気分になれちゃいます。

2) 健康的な選択をする:体に良い物を食べ、軽い運動をしましょう。体に良いことをすると精神も落ち着き、自然とブルーなスパイラルから脱却できます。

3) 外に出る:ブルーな気分のときは、家の中に閉じこもりがち。こんなときは、友人と積極的に連絡を取ってみましょう。楽しかった連休の生活から日常生活へ、スムーズに移行することができます。

4) 助けを求める:ひどい連休後ブルーになってしまったら、迷わずに助けを求めましょう。連休後ブルーは、軽い名前に似合わず深刻な症状を呈する場合があり、そうなると一人で解決するのは難しくなります。親や親友、または心の専門家に相談をして、自分の心境を伝えてみましょう。誰かに自分の状況を聞いてもらうだけでも、とても気分が楽になります。

いかがでしたか? ブルーな気持ちは、早めのケアが大切なんですね!  そして、ちょっと考えてみてください。連休後にブルーになるということは、楽しい連休を過ごせたという証拠。どこにも行かず、誰にも会わずに、ただ仕事をしてお正月を過ごした人は、そんなブルーなみなさんが羨ましいかぎりなのではないでしょうか???

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ